表参道を手をつないで歩いた。

GWも昨日で終わり、世の中は今日からまたわさわさ動き出した。

不動産業界はほとんどの会社が休みに入り、業者間の連絡も取れなくなってしまう。
弊社は毎年この時期『休む?どうしよっか?』という話しが持ち上がり、
『お客様来るんじゃない!?』というポジティブな雰囲気の中、交代で休みを取りつつも
今年もフル稼働した。

そんな中、GW中に必達しなくてはいけないタスクがあった。

そう、まさかの2月に『ごめんなさい!リスケで!』と延期に延期を重ねた『母の誕生日』というイベント。

さすがに『いつでも良いから楽しみにしてるわっ・・・』と言われても、ちまたでは『母の日商戦』
もチラホラ視界に入ってくる中で、『母の日またぎ』はバツが悪い。

 

という状況下、『母の誕生日』と『母の日』の抱き合わせプランのような難易度の高い『技』を
完成させる為に集合をかけたところ、モノ忘れが激しくなってきた祖母のお世話も日課の母
としては祖母を一人で置いていけないという事も手伝い、祖母にも来てもらう事になった。

祖母は90だ。私が物心付く前から姉が祖母のことを『ナナ』と呼んでいた為、私も当然それを
世界共通の常識と信じ込み今でも『ナナ』と呼んでいる。

どうやら、『おばあちゃん』という響きが嫌で半ば強制的に『ナナ』と呼ばせたのが始まりだったみたいだ。

ちなみに、私の母も甥っ子(孫)らに『おばあちゃん』と呼ばれるのを阻止するために『マリママ』
という自らの名前にママを付けた妙なネーミングで呼ばせており、これが甥っ子(孫達)には
しっかり浸透されている。

きっと、いつの日か世に解き放たれる私の子も世界共通の常識である『マリママ』と呼ぶこと
になるのかと思うと可笑しい。

女性の老いに対する抵抗は頑なであり、またその頑なさは長い年月を経過する中で自らの
暗示と周囲への浸透力で決して無駄にはならいのだろう・・・と食事をしながら一人で変な事
を考えたりもした。

『ナナ』は食事をした表参道周辺には思い出が沢山あったようで、ついさっきの事は忘れてしまうのだが、昔の思い出は滑らかに話した。

全ての話しが『10年前はねー・・・』という枕詞がつくのだが、翌日聞いたらどれも半世紀ほど前の思い出話しをしてくれていたようだ。


食事が終わった後、「駐車した車を取りに行く」と両親が離れた間、私と『ナナ』は二人っきりになった。杖をついて歩く祖母の手を握り、200mほど表参道の夜を歩く。

ハイアーグラウンドのオフィスは近くにあるものの、ここの道をこの時間にこんなにもゆっくり手を繋ぎながら女性と歩いた事はない。

散歩するには最高の気温だなーとか思いながら、小さな女の子のように僕の手を握り締める『ナナ』は心がけるよりも更にゆっくり歩いてあげないと着いてこれない事を気付き、しばらく両親から『あそこで待ってて』と言われた所を目指しゆっくりゆっくりと歩いた。
日ごろから身近にある町並みをゆっくり見た事がなかった自分は、隣の『ナナ』のおかげでゆっくりと流れる時間を感じさせてもらえて少し幸せな気持ちになった。


『母の誕生日』と『母の日』をミクスチャーさせてしまった高度な技(申し訳ない)は、結局『母の母』との思い出作りにもなった。

来年も皆元気に頼むよ!

追伸

行きかう表参道の美男美女カッポーの何名かには不覚にも『老婆を騙す怪しげな男』に見られてしまったように感じたが、真面目な顔をして歩いても、にこやかに歩いても・・・どういう顔つきをしても怪しく見えてしまうのだろうと思った。

 


人募集ー。

来年1月~3月に向けて人募集。

その為の広告用写真を撮った。

ハイアーグラウンドを目指す日々

何かの縁で出合った仲間。
できる事ならすーっと、長く働いてもらいたい。
またそうなってもらえるような環境に会社をしていくのが僕の仕事。

どんな人がきてくれるのか楽しみだ。

ハイアーグラウンドを目指す日々


不動産営業マンの基本姿勢

久々のブログ更新はこんな内容でいこう。

不動産営業マンの基本姿勢。

ケーススタディとしてお客様との待ち合わせを想定して書きたい。

不動産営業マンは『物件』にてお客様とお会いすることが多い。
いわゆる「現地待ち合わせ」と呼ばれる方法である。

初めてお会いするお客様の時には、いつもよりもゆとり持って
行動し、早めに『物件』に到着し、『物件』周辺をグルリ一周する
くらいの心のゆとりが欲しい。

そう、散歩するくらいのゆとりだ。

グルリ一周し、いよいよ「お待ち」する体勢に入る。
【「お待ち」する時の基本姿勢】
ハイアーグラウンドを目指す日々

『物件』のエントランス前がちょうど良い。
裏口での「お待ち」は感性、品性を疑われるので不味い。

エントランスの中で「お待ち」するのもここではNGとしたい。
木陰や自動販売機の裏での「お待ち」はもはや「お待ち」ではないと言える。
画像のように、少々前傾姿勢での「お待ち」は前向きな
気持ちの表れであり、とても良い

ここで時間ぴったりにお客様がいらっしゃるのが通例では
あるが、お客様も人間である。

電車が遅延することもあるし、お子様が泣き止まず出発が
遅れてしまうこともあろう。
そこで、「あれ、ちょっと遅いかな・・・」と思って気を利かせて
更に周辺をグルリしたい衝動にかられるが、これは避けたい。
周辺をグルリの最中にお客様がお見えになり、「遅刻してきた男」
と思われてしまう可能性がある。
ここはひとつ我慢強く、お客様を信じて、しっかりと「物件」にて
お待ち申し上げたい。
【我慢強く「お待ち」する時の姿勢】
ハイアーグラウンドを目指す日々

 

あくまで自然体で。
あくまで心にゆとりと優しさを持って。

威風堂々とお待ちしたい。
【我慢強く「お待ち」する時の姿勢<ワイド>】
ハイアーグラウンドを目指す日々
ここでのポイントは視野を広くとれるポジショニングであろう。

ワイドで見て頂くと明白であるが、左右をしっかりと視認できる
立ち位置が望ましい。
肩幅程度のスタンスで背筋を伸ばす感じでじっくりと「お待ち」
するのがベストスタイルである。

 

ただお待ち合わせの時刻から20分経過してもお見えになられない
ケースも発生する場合がある。

こういう時は色々と機転を利かせたがるのが営業マン。

大通りまでお迎えに行こうか・・・

  随分早く到着して既に建物の中に入ってしまっているのでは・・・

   似た名前の「物件」が近くにあるのでは・・・
すぐに気を利かせ、あっちこっち動きたくなる衝動にかられる時間帯だ。

ただ、ここでもやはり魔の「すれ違い」、「行き違い」を引き起こす原因
となり、またもや「遅刻してきた男」になってしまうリスクがつきまとう。
やはり、基本姿勢は変えずに「物件」にてしっかり「お待ち」申し上げる
姿勢が重要となる。
【20分経過後の「お待ち」の姿勢】
ハイアーグラウンドを目指す日々

20分経過後は想定できる最良のポイントでお待ちすることである。

20分という時間経過の中で生み出した最高のポイントにしっかりと
足を地に付け「お待ち」することである。
画像を見てお分かりのように、今回の立ち位置は周囲を270度見渡せる
ポイントでの「お待ち」である。
視認性が高く、またどの方向にも最初の一歩が出やすい好立地
である。
ここを最良の「お待ち」ポイントと判断できたスタッフと視界270度を可能に
させた好立地に位置する「物件」のおかげではあるが、今回のケーススタディ
も最高の「お待ち」から素敵なお客様との「ご縁」が導かれた。


Page 4 of 32« Top...23456...102030...Last »