プラチナ通りのリノベーション(素敵仕上げ)

昨年末にご購入頂きましたお客様より『ついに完成まじか!』との
ご一報を頂き駆けつけてきました。

プラチナ通り沿いのヴィンテージマンション。
ここのマンションは外観、エントランスもリノベされており、何気なく歩いてしまうと
築浅マンションと思ってしまう。

さーさー、それではリノベーションをされた素敵仕上げ空間へ・・・

ではこちらから失礼します。
顔が黒いのは日焼けではありませんよ。

入るやいなや…  そう、as soon as ナニナニからの無垢フローリング・・・
素敵仕上げを予感させます!


壁は塗装仕上げ。Benjamin Moore のペンキ。

 

 


キッチンはアイランド+大理石カウンター。 このカウンターはデザインのお仕事もされてらっしゃるオーナー様がA2サイズの図面も広げられるんです!とおっしゃる程の奥行感があります。


キッチンからのVIEWも素敵仕上げ感が高い。
遅めの時間帯なのでわからないですが、外は東大医科学研究所の敷地で緑溢れてるんです。

 


お風呂はなんとベッドルームまでシースルー!
全体のフルリノベの中でもここの水回りは特段のこだわりを感じますね・・・


モスグリーンとネイビーブルーのコントラストがなんとも言えない落着きを醸し出す・・・

Sオーナー様の笑顔も素敵仕上げに花を添えます…

リノベーションで生まれ変わった空間は時の流れを刻んできたマンションの命を吹き替えし、そしてそこに住まう方の生活にも新しいエネルギーや安定した癒しを与えてくれるものだと強く感じました。

それでは少し早めのバスタイムを・・・

...『メッシキモチィ~~!!』
また呼んで下さいね!!


初契約おめでとう!

誰しも、「初めて」の体験は記憶に残るもの。

今日は11月1日に入社した営業スタッフが「初めて」自分一人で接客、ご案内したお客様から「御社で物件を購入したい」というご意思を頂いた、記念すべき日となった。
 
 
その時は突然やってくる。

 
今日は平日にも関わらず、週末のような1日だった。

朝に1件決済があり、夕方からご契約があり、日中は何組かの新しいお客様からのお問合せで急遽のご案内もあり。

 
ランチは机でのお弁当で済ませ、午後の準備をしていたところ一人の携帯が鳴った。


なかなか険しい顔をして電話を取るものの、声はおだやか。
というより、直感的に自分自身にとって未知の領域へのお誘いという事を
認識したのだろう。


お客様から「物件をご購入したいのですが・・・」というお電話である
事は緊張した顔から読み取れた。

その瞬間オフィスにいたメンバー全員が、どんなパスでも受け取れる体制
をとる。。。 ここら辺のチームワークは良い。
 
白紙に黒いペンを握りしめ、筆談の用意をする先輩スタッフの姿も。。。
 
 
全員が「お客様にとっても人生を左右する大事な電話」を失礼なく、
不安を感じさせることなく、丁寧に次のステップへの道案内人としての
役割を全うできるかを、固唾を飲んで見守る。

 


丁寧に、丁寧にお話しを進める。
 
そして、ようやく次のステップへのご説明も滞りなくできたところで
安堵の表情を浮かべた。

本当に良かったね!

でもここからが本番。
だから祝杯はまた今度としたいが、ひとまずおめでとう!
 
「初めて」お客様から重責を任された喜びと感謝を忘れずに
これからもっともっと頑張っていこう!

おまけ。
『「クワズイモ」の成長スピードに追いつく男』


こんな人がいいなと思う。

リクナビを見てここに辿り着いた方へ

 

不動産の営業と言っても千差万別!!
 

ハイアーグラウンドの営業は少し変わっていて・・・
当社では、営業スタッフは新しいお客様を探す・・・という仕事はありません。

 
チラシ配りだったり、訪問営業だったり、同業者巡りだったり、はたまた写真撮影など・・・いわゆる「集客活動」と呼ばれる作業はしません。
 

当社のお客様のほとんどがインターネットを通じて来て頂けます。
 
 
もちろんインターネットで来て頂けるのは、日々綺麗な写真を撮影してくれたり、記事を掲載してくれる女性スタッフの献身的な下支えがあり、「お問い合わせ」が頂けます。

 
 
 
では、営業スタッフに求める仕事とは??

 
 
営業力は求めません。
私はクロージング能力が高い!・・・と思っている人は、その能力は不要です!!

お客様がインターネットで調べた不動産会社にドキドキしながら、心配しながら、不安を抱きながら「お問合せ」を頂けたお客様には、できる限り「おもてなし」の心を持って接して欲しいと思っています。

 
求める力は「接客力」。

持ち合わせて欲しい素質としては・・・
・空気が読める
・相手の気持ちを汲み取れる
・気配り、目配りができる
・動きが俊敏
・人と話すのが好き

ここまでは「接客力」において超重要な素質だと考えています。

  
加えて、こんな事ができたら最高です。
・算数が苦手でない  
   ・・・やっぱり高いお買い物。価格交渉や銀行金利、数字と向き合わない日はない。
・パソコンが適度に使える  
   ・・・メール力も大切です。
・個人プレイよりもチームプレイを重んじる
   ・・・喜怒哀楽はチームで分かち合う。

 
 
そして、ここからは少しの努力で解決できるものだが・・・
・表情が豊か
・いつも元気
・スーツが似合う

  
もちろん、不動産経験はあった方がベターだが、それよりも上記の素質を大切にして欲しい。
都心の土地勘もあった方が良いけど、気配りができず、表現力が乏しいくらいなら土地勘は求めない。
 

  
異業種で言うと・・・
 ホテルマンとか、
  アパレルとか、
   ブライダルとか、
    飲食とか、

 
ホスピタリティを求められる世界で活躍していた人物の方が当社の営業スタッフの「接客」は向いていると思います。
 
 
なぜなら私自身がそういう人に接客してもらいたいと思うから。
そして、私自身がそういう人に囲まれて仕事をし続けていきたいと思うから。

 
不動産を購入しようとするお客様は自らも真剣に勉強、調査、研究されている事が多く、
数年程度の不動産営業経験よりも、1つの物件を真剣に購入検討されているお客様の方が知識や不動産に対する感性は高いもの・・・
(現に真剣に検討されているお客様の方が最新の物件情報を熟知されています^^)

 
もちろん、適したタイミングで適したアドバイスができる事が好ましいものの、誠実にお客様と向き合う事がより重要であり、必要以上の知識や経験など本質的にお客様は求めていないの考えています。
(私もサラリーマンの時に不動産を(個人的に)購入していた時に好きだった営業マンは皆、飾らない自分の言葉で話し、背伸びせずに接客してくれるタイプだった)

 
大事な事は、お客様と一緒になって悩み、一緒になって解決する姿勢とその責任感。
  ・・・という事で、未経験だからと言って不動産業界を躊躇している方がいたら
      是非声をかけて頂きたい。

    ・・・また、不動産経験者の方でソフトな接客をしたい・・・という方も
        是非来てもらいたい。

今日もあなたの心からの「接客」を待っているお客様がいますよー!!


Page 5 of 52« Top...34567...102030...Last »